岐阜・多治見の塗装、塗替、屋根、外壁、屋内・屋外の塗装、防水工事ならエスエスホームにお任せ!

瓦屋根補修
─Tile Roof─

瓦屋根を支えているのは漆喰!

瓦を固定し、支えているのが漆喰です。
瓦の寿命は50年以上と言われていますが、それを支える漆喰は瓦よりも早く劣化していきます。
漆喰の劣化は瓦のズレや落下の原因になるため、瓦屋根は定期的な補修が大事です。

漆喰の状況により、漆喰の詰め直し、棟瓦の取り直しの工事があります。

軽度な劣化なら詰め直し
ズレや割れなら取り直し

漆喰の詰め直し

・劣化した漆喰を取り除き、新しい漆喰を詰め直す工事

・漆喰の崩れや剥がれなどの劣化が軽微な場合の工事

・早期メンテナンスをすれば費用を抑えられる

棟瓦の取り直し

・頂上部の瓦を取り外して改めて組み直す工事

・瓦のズレや、漆喰の剥がれなど劣化が重度な場合の工事

・煉瓦の取り外し、漆喰の詰め直し、再設置と費用がかかる

岐阜の塗装屋エスエスホームの木部塗装

漆喰の劣化

・漆喰の剥がれ

・瓦のズレ

・漆喰・瓦の割れ・欠け

漆喰の劣化大丈夫?
大きな
トラブルになる前に!

漆喰の劣化は、瓦の固定力の低下に繋がります。
固定力が低下した瓦は動きやすくなるため、少しづつズレを生みます。
ズレて動きやすくなった瓦同士がぶつかりあって、割れや欠けが発生しやすくなります。
瓦の割れや欠けが隙間を作り、さらに瓦が動きやすくなり、漆喰の剥がれた部分、瓦のずれた部分、割れや欠けた箇所からは雨水が浸入し、当然、雨漏りや腐蝕の原因になります。
そして、動きやすくなった瓦は、強風や地震時に落下しやすくなるなど、漆喰の劣化は様々な二次被害に繋がる原因になります。
大きなトラブルになる前に、早めの対策をしましょう!

エスエスホームの
無料調査無料見積

お問い合わせはこちら

瓦のズレや飛び防止!
ラバーロック工法

ラバーロック工法ってなに?

瓦同士をシーリング材などの接着剤でくっつける工法。
瓦のズレや歪みで生じた隙間を埋めて、瓦のズレを防止することができ、台風など強風時に瓦が飛ばないように防止する工事です。

岐阜の塗装屋エスエスホームの木部塗装

ラバーロック工法

・瓦の歪みによる隙間を埋める

・瓦のズレを防止

・強風などの瓦の落下や飛びを防止

早めの対策でトラブル回避!
エスエスホームの

無料調査無料見積

お問い合わせはこちら